【医療福祉科】高齢者サロン『笑々々来楽部(わははくらぶ)』🍉

 毎月第3土曜日、医療福祉科は地域の高齢者のみなさんを学校にお招きし、サロンを催しています。
 その名も『笑々々来楽部』。毎年、2年生の生徒たちが企画・立案・実施をしています。

 3つのグループ(からだコース・あたまコース・こころコース)の中から、高齢者の方が参加したいコースの選択をします。
 なお、生徒たちは担当したコースにたくさん参加していただくよう、広報活動を盛んに繰り広げています。

 今年度は、コロナウィルスの影響で7月に初開催。
 生徒たちもいつも以上に気合が入っていました。

 7/18(土)は、7月にちなんだ《七夕の短冊作り》、《風鈴作り》、他にも《折り紙でひまわり・スイカ作り》、《射的ゲーム》などを行いました。
 

 活動後は、事前に準備していた手作りのおやつを食べていただきました。
 

 参加してくださった高齢者のみなさんから「楽しかったよ。来月の参加も楽しみにしてるけんね!」と嬉しいお言葉をいただきました。
 

 
 
 地域に根ざした学校づくりを目指す本校の取り組みとして、最も象徴的な取り組みの1つ、高齢者サロン「笑々々来楽部」。
 福祉の道を歩んでいる生徒たちにとっても、まさに生きた学びの機会となっています。
 
 

 これからも皆さんのために楽しいサロンづくりに励みます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします!!