【調理科】庖丁授与式を行いました🔪

 4/18(土)、高校調理科1年生(3回生28名)が、庖丁授与式を行いました。

 連日のコロナウィルス感染症拡大防止の観点から、参加者にはマスクの着用、手指消毒、座席間隔の確保をお願いいたしました。
 出席いただきました来賓の皆様、保護者の皆様、ご協力くださいまして、ありがとうございました。
 
 さて、調理科1年生は、この日に初めて真新しい調理服に身を包みました。
 赤い帽子とタイがおしゃれで、とても華やかな調理服です!

 着用するのに少し手間取った生徒もいたようですが、互いに教えあってきちんと着用をすることができました。

 式では、5本の庖丁を校長先生から授与されました。
 調理をする者にとって、庖丁は手であり、魂です。
 手入れを怠ることなく、技術を磨きましょう! 

 そしてこれから3年間、しっかりと実習に励み、立派な調理師になることを目指します。

 調理科は、今年ついに3学年がそろいました。
 生徒も増え、とても活気ある学科になりました!
 これからますます明るく、楽しく、ていねいな調理を行います!
 今後とも【玉成調理科】、どうぞよろしくお願いいたします!