【調理科】郷土料理の調理講習を行いました‼

12/13(木)、調理科の取り組みとして郷土料理の講習を行いました。
講師は、長崎県地産地消アドバイザーとしてご活躍中の脇山順子先生です。
先生には、本校調理科の立ち上げにもご尽力いただきました。いつもお世話になっています!

生徒たちとは、入学式以来の再会。脇山先生からは「立派に育っていますね」とお褒めの言葉をいただきました!

本日のメニューは、浦上そぼろとヒカド、かすてらかんぼこの3品です。

それぞれの作り方について、先生は明るく楽しく、説明をしてくださり、そして生徒と一緒にデモをされました。

時に笑いも起こり、終始和やかに地元の食について、学ぶことができました。

長崎の歴史や食文化についての説明では、生徒たちも真摯に耳を傾け、メモを取りながら知識の定着を図っていました。

その後、生徒は各班で調理開始。デモを見てからの動きだったので、おおむねテキパキと調理をすることができました。

最後はみんなで試食。終始笑顔で過ごせ、脇山先生との距離もぐっと縮まり、とても充実した時間を過ごすことができました。

脇山先生、本当にお世話になりました!今後ともよろしくお願いいたします!

なお、マスコミの方も複数取材に来てくださり、夕方にはTV放送もしていただきました!

本校調理科、4月からのスタートですが、何度も取材に来ていただいています。それだけ高い関心があるんだと嬉しく思っております。
地元・長崎に根ざした調理科として、今後ともさらに頑張ってまいりますので、どうぞ今後とも応援よろしくお願いいたします!