【高校・附属中学部】🌸入学式を挙行しました‼🌸

 4/8(月)、桜の花もまだまだ咲いている穏やかな陽気の下、入学式を挙行いたしました。

午前中は高等学校、午後が附属中学部の入学式。

新入生たちが新しい制服に身を包み、緊張した面持ちで式に参加をしました。

来賓、多くの保護者の皆さんにもご臨席いただきました。本当にありがとうございました。

 式後は、各教室で最初のホームルームを行いました。クラスとしては最初の活動です。心なしか、先生方も緊張をしていた様子でした。

 入学生たちの不安と期待の入り混じる表情はこの時期ならではのものです。
 初々しさは周囲にもよい刺激を与えます。在校生はじめ教職員も、新生活のフレッシュな気持ちを改めていただきました。
共に頑張ってまいりましょう!!

 
 127年目を迎えた本学園。これまでの歴史と伝統に、新たなページを彩る1年生たち。
とくに、附属中学部は3年目を迎え、完成年度となります。3回生には、定員以上の生徒たちが入学をされました。

 一人ひとりにきめ細やかな指導がモットーの附属中学部も、完成年度として、躍動の一年になることと思います。

 明日からいよいよ新生活が始まりますが、新入生の皆さんには、ほどよい緊張感を保ちながら学校生活を送ってもらえればと思います。

 今週は各学科や学年によるオリエンテーション等が行われます。新しいことだらけで、戸惑うことも少なくありません。また、登下校のバス通学も初めてという新入生も多いことでしょう。

 新生活に慣れるまでに若干の時間を要するかと思いますが、変化に適応できるようになること、それこそ「成長」と言えるのではないでしょうか。
これまでにできなかったこと・苦労を要していたことが、できるようになったり、苦でなくなったりするのは、立派な成長です。

最初はできなくても、少しずつ少しずつで構いませんので、日々成長、まずはしっかりと登校して玉成の生活に慣れていってもらえればと思います。


 在校生・教職員一同、今日というこの日を本当に心待ちにしていました。
在籍する生徒の皆さんの学校生活がきららかなものとなるよう、
これからも良い学校づくりに励みたいと思います!今後ともどうぞよろしくお願いします!